乱世を生き抜いた武将の姿を陶人形で蘇らせた。鬼気迫るその表現には定評がある。 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

出品作家紹介

追平陶吉

乱世を生き抜いた武将の姿を陶人形で蘇らせた。鬼気迫るその表現には定評がある。

追平陶吉

昭和15年(1940年)愛知県豊川市に生まれる。50才の頃より陶人形に取り組む。戦国武将をテーマに選ぶきっかけは、種子島の領主・種子島時尭(ときたか)像の制作を頼まれたことだった。師匠につかず独学で精進を積み、豊川市の市民展市長賞を受賞(平成9年/1979年)

愛知県、岐阜県での個展が多い。画廊や百貨店ばかりでなく、美術館や博物館、また名古屋城や清州城などの城での展示会もある。作品の奉納先は以下の通りである。①山本勘助像→本願寺(愛知県豊橋市) ②しかめの徳川家康公→久能山東照宮(静岡市)③武田信玄像→武田神社(山梨県甲府市)
 インフォテイメントの活動実績
 オンラインショップ
 Infotaiment会社情報


■ インフォティメント関連会社