国内外問わず人気を博す、日本のグラフィック界におけるパイオニア的存在。幅広い作風でデザイナー、画家と 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

出品作家紹介

横尾忠則

国内外問わず人気を博す、日本のグラフィック界におけるパイオニア的存在。幅広い作風でデザイナー、画家としてマルチに活躍。

横尾忠則

<シルクスクリーン版画家>
  横 尾 忠 則 略 歴

昭和11年 (1936) 兵庫県西脇市に生まれる
昭和41年 (1966) 南天子画廊にて個展
昭和43年 (1968) Word&Image展(ニューヨーク近代美術館)
昭和46年 (1971) 第6回パリ青年ビエンナーレ展版画部門大賞
昭和47年 (1972) ニューヨーク近代美術館にて個展
   第4回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展ユネスコ賞
昭和48年 (1973) 東京ADC最高賞
   ハンブルク工芸博物館にて個展
昭和49年 (1974) アムステルダム市立美術館にて個展
   第5回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞
昭和56年 (1981) グラフィックデザイナーから画家に転向する
昭和57年 (1982) ハンブルク工芸博物館にて個展
昭和58年 (1983) パリ広告美術館にて個展
昭和59年 (1984) ベルギー国立20世紀バレエ団(モーリスベジャール主宰)の
   ミラノスカラ座公演「デイオニソス」舞台美術担当
昭和60年 (1985) 第13回パリビエンナーレ展に招待出品
   「男の死」「日本武尊」「天の岩戸」などの絵画作品5点
昭和62年 (1987) 西武美術館(池袋)にて個展
昭和63年 (1988) モダンポスター展(ニューヨーク近代美術館)
   ギャラリー シルビア・メンツエル(ベルリン)にて個展
平成元年 (1989) 現代日本ポスター展(ニューヨーク近代美術館)
平成3年 (1991) キリンプラザ大阪にて個展
平成6年 (1994) ラフォーレミュージアム(原宿)にて個展
平成7年 (1997) 瀧狂ー横尾忠則のマジカル霊場ツアー、キリンプラザ大阪
   ~瀧のポストカードコレクション13000枚を展示公開~
平成22年 (2010) 「横尾忠則全ポスター展」(国立国際美術館、大阪)
   900点を展示

◆主な作品           【この作家の出品作品一覧を見る】



 


 インフォテイメントの活動実績
 オンラインショップ
 Infotaiment会社情報


■ インフォティメント関連会社