文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

1/65ページ 全部で322件中 1-5件を表示
小國神社本宮山参拝(1月6日)

小國神社創建のきっかけとなったご神霊の降臨があった場所に本宮がある。遠州灘や浜松市街地を遠望する標高500メートル余の場所である。今朝10時より崇敬会や一般参拝者が参列して本宮祭が執り行われた。約1時間のお祭りの後の直会で甘酒やおにぎりの軽食がふるまわれた。山の上でいただく食事は簡素なものでもとても美味しかった。帰宅してからいただいたご神札を飾り、そして紅い餅を焼いて食べた。魂が清められ、体が力を得ることが出来た。

琴の音(1月4日)

久しぶりに書斎にオーデイオをセットした。スピーカーにアンプが内蔵されているので、場所を取らない。しかも、とてもいい音だ。

寺野のひよんどり(1月3日)

浜松北部には五穀豊穣を祈る伝統舞踏が残っている。天竜や引佐地区などである。今日は午後2時より渋川で”ひよんどり”があった。
寺野地区の日本画家で郷土史家の故・伊藤信次氏が復活させたもので、4時間続くその踊りのクライマックスは火の踊りである。伊藤家の現当主で面打ちの八右(やすけ)氏が司会を務めておられた。多くの知人に会い、薪をくべた焚火にあたりながら賀詞交歓をした。

第95回箱根駅伝(1月3日)

ゴール数分前、日の丸たなびく銀座通りを快走する東海大・郡司選手

当初8区まで2位だった東海大学が9区で東洋大学を追い抜き、優勝。青山学院大学の6連覇を阻止した。しかも、大会記録を達成。義父が東海大学の2期生だったので(テレビの前で)声援を送った。全行程217キロメートル。坂道、下り坂があり、また箱根湯本からの標高差は800メートル以上もある。寒風の中、どのチームも全力を脱し切った。

日の丸(1月1日)

平成の御代の最後の正月を迎えた。

1/65ページ 全部で322件中 1-5件を表示