文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 歴史 > 主権回復の日(4月28日)

ブログ

歴史

主権回復の日(4月28日)
主権回復の日(4月28日)

高松神社(浜岡原発至近!)の八重桜

昭和27年(西暦1952年)の今日、サンフランシズコ平和条約が発効した。(締結は前年の9月8日) 日本と連合国各国との間で結ばれたが、以下の3グループは調印していない。1)招待されたが出席しなかった国々:インド、ビルマ、ユーゴスラビア 2)出席したが調印しなかった国々:ソ連、ポーランド、チェコスロバキア 3)招待されなかった国々:中華民国、中華人民共和国 この条約により大東亜戦争は終結した。それまで戦闘状態は終結していたが、戦争状態は終結していなかったのである。昭和25年生まれの私は”戦中派”ということになる。沖縄など一部の領土がアメリカの統治下に置かれたものの、この年、この日、私たちの祖国・日本は主権を回復したのである。しかし、6年8ヶ月に亘るGHQによる占領統治はかつての日本の美風、国柄を大きく変えてしまった。事後法によって戦勝国が敗戦国を裁くという国際法違反の極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)、交戦力を認めない新憲法の押し付け制定、教育勅語の廃止、7000冊以上もの焚書、愛国者を公職から追放、財閥の解体、神道指令など、など...。日本文化解体、アメリカ化改造のための時限爆弾を仕掛けられた。それが今
炸裂し、独立国家としての矜持を保てないまでの状態を招いてしまっている。今日の午後靖国会館で主権回復記念日国民集会が開催され、また法制化に向けて大きな動きが出てきたようである。なお、渡部昇一先生のメルマガに、主権を回復したときのお気持ちを謳われた昭和天皇の御製が紹介されていたので、引用させていただく。
 ”風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりにけり”


  • Posted by 2011年04月28日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。