文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 日伊の助け合い(5月15日)

ブログ

日伊の助け合い(5月15日)
日伊の助け合い(5月15日)

今月7日、イタリア中部、アドリア海に面したラクイラという町で国立音楽ホールの落成記念コンサートが開かれたという。2年前にこの町は地震に襲われ300人以上が犠牲になり、音楽ホールも壊滅的被害を受けたという。約7000万円の日本の支援金(麻生内閣の実績)を基に丘の上に再建されたばかりの音楽ホールは日本の建築家・坂茂氏の設計である。紙製の柱と布で震災後の避難所にプラバシーに気遣った空間を創出したあの建築家である。音楽院の吹奏楽団を指揮しラベルのボレロを演奏したのは、やはり日本人の西本智美氏(ロシア国立交響楽団首席客演指揮者)であった。このラクイラ市だけでなく、イタリア各地で「がんばれ日本」という声が上がり、募金が呼びかけれている。演奏会終了後、彼女は次のようにあいさつしたという。”ボレロは小さい音から始まり、各パートが徐々に重なって一大合奏となります。このように大災害を受けた日伊両国の小さな助け合いが大きなものに成長するよう祈りましょう” あたたかい心の交流である。


  • Posted by 2011年05月15日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。