文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 音楽 > リヒャルト・ヴァーグナー(5月22日②)

ブログ

音楽

リヒャルト・ヴァーグナー(5月22日②)
リヒャルト・ヴァーグナー(5月22日②)

今日は作曲家リヒャルト・ヴァーグナー(1813-1883)誕生の日である。高校1年生のときFM放送でバイロイト音楽祭の実況中継を聴いて以来ファンになったが、それが高じて1979年にヴァーグナーの生地ライプチッヒを夏休みの旅の旅程に入れたことがある。当時はまだ東ドイツだったので、”国境の町”でバッハの生地アイゼナッハ経由でライプチッヒに入ったが、ヴァーグナーの生家はもうなかった。そのあと、プラハ、ヴィーンを経て聖地バイロイトに移動、バイロイト祝祭劇場を見学し、Wahnfriedというヴァーグナーの邸宅を訪ねた。実際にヴァーグナーの楽劇を聖地バイロイトで聴く機会があったのは、1984年だった。「オランダ人」「タンホイザー」「マイスタージンガー」「ロ-エングリン」などがあったが、最後の作品”パルシファル”にいたく魅せられた。ヴァーグナーが立ち会えなかったこの作品の初演を聴き、その後の作曲活動の心の支えにしたのが当時23才のグスタフ・マーラー(1860-1911)である。昨日の関連となるが、クレー同様、ヴァーグナーもまた”さまよい人”であった。”さまよえるオランダ人”という作品は直接的であるし、また大作”ニーベルンゲンの指輪”にも”さすらい人”(Wanderer)が登場する。その不安定な心理が温床になっているヴァーグナーの作品群が生まれる原動力はちょうど真珠の形成過程に似ている。再来年2013年はそんな大作曲家の生誕200年の年だ。日本では、伊勢神宮の式年遷宮(20年に一回)と出雲大社の式年遷宮(60年に一回)が同時期に行われる。つまり、天津神と国津神とが同時に遷宮されるのだ。何かがブレイクスルーする年になるであろう。


  • Posted by 2011年05月22日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。