文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > ベネチアの夜(5月26日)

ブログ

全体 

ベネチアの夜(5月26日)
ベネチアの夜(5月26日)

都留文科大学教授で文芸評論家の新保祐司(しんぽゆうじ)氏が滞在先のベネチアから”ベネチアゆかば”というエッセーを産経新聞に寄稿している。旅先で書かれた文章には、ことばのひとつひとつに羽が生えているようでのびやかだ。この町のフェニーチェ劇場でマーラーの「交響曲第6番」を聴いた事を披露した後、さらに8年前に英国の古都カンタベリーで聴いた同じくマーラーの「交響曲第3番」に言及、その中に(第4楽章)挿入され、アルトソロによって歌われるニーチェの詩を紹介している。この詩は、スイスのシルスマリーアという高地保養地にある湖の畔に立つ石碑に刻まれている。夏休み(1985年)の旅行で一度訪ねたことがある。詩文は以下の通りである。
 
  O  Mensch!                    おお、人よ!
      Gib acht!                      注意せよ!
     Was spricht die tiefe Mitternacht!       この深い夜が語ることを!
     Ich schief!                      私は眠ってしまった!
     Aus tiefem Traum bin ich erwacht!      そして、深い夢から目が覚めた!
     Die Welt ist tief!                   世界は深い!そして、
     Und tiefer als der Tag gedacht!        昼が考えたよりも深いのだ!(筆者訳)

  新保氏の鋭さは、この詩から現代日本の社会状況を演繹しているところだ。
     曰く:”戦後民主主義とは、世界を「昼」だけにしようとしたものであった。そこ
     では、夜は過剰に明るくされ、世界は浅くなり、日本人の精神もさらに浅くな
     った。民主党政権とは、戦後民主主義の完成形態であり、その政権下の日
     本は、内政、外交、防衛などすべてがうすっぺらになってしまったのである。
      ” そして、”今回の大震災は、世界は昼が考えるよりも深いという真理に
      日本人を覚醒させるものであった。”と説き、さらに、節電で”東京の夜が
      暗くなったことは、その夜の中で、日本人の精神が深くなることへ導くの 
  ではないか。内村鑑三がいうように、日本人はもっと深くならなければ
      ならない。”と奮起を促す。ちなみに、氏のデビュー作は「内村鑑三」である。
      余談であるが、ベネチアには3度程行ったことがある。初回はハンブルクから
  車で行ったのであるが、スイスを経てさらにミラノから東進、着いたのは夜の
  9時頃だった。水上タクシーから周囲を眺めると、暗いというよりも黒かった。
  壁のように立ちはだかる漆黒の夜だったのを覚えている。新保氏のエッセーに
  書かれている通りである。

   
            




  • Posted by 2011年05月26日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。