文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > マーラーの使徒(6月5日)

ブログ

音楽

マーラーの使徒(6月5日)
マーラーの使徒(6月5日)

静フィルによる「復活」コンサートのチケット

電気録音が始まったのは1927年、昭和2年のことだった。カール・シューリヒト指揮のブルックナー「交響曲第7番」がその世界初の快挙の栄を得た。日本では、1930年(昭和5年)、近衛秀麿指揮/新交響楽団によるマーラー「交響曲第4番」が世界初の電気式で録音された。生前は自身が作曲した作品に対して無理解や不評にさらされたマーラーは、”やがてきっと私の時代が来る”(Meine Zeit wied noch kommen)とよく言っていたという。マーラーの信奉者であったヴァルター(1876-1962)やクレンペラー(1885-1973)、そしてホーレンシュタイン(1898-1973)といったユダヤ系の指揮者が”使徒"となってその普及に努めた。録音技術の進歩は普及のための福音であった。日本でのマーラー普及に貢献したのは東京音楽学校(東京芸術大学音楽学部の前身)の教授としてやってきた(1936年/昭和11年)ローゼンシュトックであった。戦前は内地ばかりでなく満州にもハルビン交響楽団というのがあり、マーラーの交響曲が演奏されたと文芸評論家の河上徹太郎が書き記している。戦後はヴァルターからバーンスタイン(1918-1990)へ、さらに小澤征爾(1935-    )へとバトンはリレーされた。昨夜静岡市で「交響曲第2番」を指揮しマーラーの演奏史に印象深い一頁をしるした黒岩英臣(1942-    )もその系譜に連なるに違いない。そして、音楽を通じて東日本大震災の被災者の方々へエールを送ったという意味では、3月下旬にデユッセルドルフでベートーヴェンの「第九」を指揮した佐渡裕と目に見えない連携の関係にあったのだと思う。佐渡氏は大震災の後に”歓喜に寄せて”(An die Freude)を歌うのに気が引けていたようであるが、シラーによるこの詩の原題は、"自由に寄せて”(An die Freiheit)であったのだから、1989年ベルリンの壁崩壊の後ベルリンで「第九」を指揮した師バーンスタインがそうしたように、FreudeをFreiheitに置き換えればよかったのではないか、と余計なことを思ったりもした。


  • Posted by 2011年06月05日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。