文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 工芸 > 浜松木櫛(6月9日)

ブログ

工芸

浜松木櫛(6月9日)
浜松木櫛(6月9日)

ことまち横丁の売店の一角、4代目松山順一氏の作品が並ぶ。額に入っているのが「富嶽櫛」

白州正子著「日本のたくみ」(新潮文庫)の中に浜松の櫛職人・松山鉄男氏(3代目)が紹介されている。”目きき”白州正子氏の目にかなった東海地区ではただ一人の「日本のたくみ」である。元目町(浜松城の近く)にある松山氏のお宅を12年前に訪ねたことがある。鉄男氏はお体を弱くされ病床の身であられたので、奥様が応対に出られた。部屋の鴨居には、鉄男氏が手がけられた縄文以来の櫛の名品の数々がレプリカとして飾ってあった。黄楊の櫛を1点譲っていただいた。2年前に久方振りに元目町に伺うと、家は新築されご長男の代になっていた。鉄男氏も奥様も数年前に他界されていた。順一さんが4代目として木櫛の伝統手法を継がれている。今朝小国神社(静岡県周智郡森町)に参拝したおり、第一鳥居横の”ことまち横丁”(鈴木康之社長)の売店の一角で順一氏の作品を見ることができた。同神社の社務所裏に”いすの木”という非常に硬い材質のご神木があり、故あって伐採された枝を使って制作されたものだ。鉄男氏の頃からのご縁なのだろう。中でも目を引かれたのが、”富嶽櫛”と銘打たれた、富士山の形を模した櫛である。精神性が感じられる名品である。”いすの木”は木の葉に「まゆ型の穴のある「から」ができ、風が吹くと「ひょう」という音を出すので”ひょうの木”とも呼ばれる(小国神社の説明板より)。小国神社のご祭神・大巳貴命はこの”ひょうの笛”を吹き、めでたく女神と契りを結ばれたようだ。枝打ちされたものから櫛が生まれ、それがまた新たな人と人との縁結びに繋がる訳にして、明治維新の頃江戸から浜松に移り住み、刀を冶工具に持替え新しい生活を築いた初代・助義氏以来の”浜松木櫛”の伝統手法が鉄男氏を経て順一氏(4代目)に継承され存続していることを大巳貴命様も喜ばれているに違いない。いやこの神様のご神徳に因るものかも知れない。




  • Posted by 2011年06月09日 (木) | コメントコメント(1

この記事へのコメント

限定SALE!
人気限定モデル!
全国無料店舗!
大得価セールス中!
正規品人気定番!
【新商品!】送料込☆セール!
新作大SALE☆【送料無料!】
※激安人気新品※
人気直営店、超激安!
超格安、送料無料,5☆大好評!
【新商品!】制作精巧!
新作極上本革バッグ!
【最新入荷】男女兼用
大売り出しSALE!
日本正規専門店,激安販売中!

http://www.giginza.com

Posted by スーパーコピー時計 | 2018年09月11日 18:44

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。