文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 絵画 > 海洋船舶画家・上田毅八郎展(9月8日)

ブログ

絵画

海洋船舶画家・上田毅八郎展(9月8日)
海洋船舶画家・上田毅八郎展(9月8日)

上田毅八郎画「戦艦大和」

静岡県藤枝市に生まれ、現在浜松市に住む鬼才・上田毅八郎氏の作品点が、ちょうど今日から始まった。会場:藤枝市郷土博物館(静岡県藤枝市若王子500番地、電話:054-645-1100)、会期は10月23日(日)まで。以下、同博物館のホーム
ページより~”ボックスアート(模型の箱絵)の巨匠・上田毅八郎さん(大正9年生まれ)は、藤枝市出身です。これまで海洋船舶画家として戦艦や輸送船、客船、帆船など多くの船舶画を手がけました。アジア・太平洋戦争での実体験をもとに描かれる艦船画は、海と空、そして波を描き分ける表現がすばらしく、荒れ狂う海を航行する軍艦や帆船の勇壮な姿は他に類を見ない迫力です。
今回は、艦船画のほかに、飛行機、車、機関車などの絵画作品と、模型、スケッチブックなどの貴重な資料約80点を展示します。船の大きさや重さ、速度、馬力などの正確なスペックを調べ、天候、風速による船の傾き加減や波の切り方、飛沫にいたるまで計算して描きあげるそのリアルな臨場感をお楽しみください。

ボックスアート(模型の箱絵)の巨匠・上田毅八郎さん(大正9年生まれ)は、藤枝市出身です。これまで海洋船舶画家として戦艦や輸送船、客船、帆船など多くの船舶画を手がけました。アジア・太平洋戦争での実体験をもとに描かれる艦船画は、海と空、そして波を描き分ける表現がすばらしく、荒れ狂う海を航行する軍艦や帆船の勇壮な姿は他に類を見ない迫力です。
今回は、艦船画のほかに、飛行機、車、機関車などの絵画作品と、模型、スケッチブックなどの貴重な資料約80点を展示します。船の大きさや重さ、速度、馬力などの正確なスペックを調べ、天候、風速による船の傾き加減や波の切り方、飛沫にいたるまで計算して描きあげるそのリアルな臨場感をお楽しみくださ。”




  • Posted by 2011年09月08日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。