文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 「桜田門外の変」(9月11日)

ブログ

歴史

「桜田門外の変」(9月11日)
「桜田門外の変」(9月11日)

昨年封切られた映画「桜田門外ノ変」(佐藤純弥監督)をDVDで観た。このような重厚な歴史時代劇が映画化されたのはいまの時代にあって誠に喜ばしい。「プライド」や「ムルデカ」の系譜につらなるかも知れない。事件に到った経緯も丁寧に説明されている。黒船で日本を威嚇し開国を迫ってきたアメリカとの条約を和親のレベルに留めていたものを、(日本が列強の餌食になる可能性の高い)通商条約を勅許なしに(しかも日本に不利なかたちで)締結した井伊直弼に天誅が下されたのである。日清、日露を戦い、独立自主を守ってきた祖国日本は、大東亜戦争に敗れたため、みじめなかたちで自国の文化・伝統
の根幹を破壊され続けている。その発端が井伊大老が推進した通商条約だったのである。いまでいうとTPPを推進することに通じている。200年以上も鎖国を続けていたために白人列強と闘うための十分な軍事力がなかったというのが井伊直弼の言い分であったが、守るべきものの優先順位が日本という国の国柄に沿っていなかったのだ。そのあたりの見識が水戸の徳川斎昭や越前の松平春嶽とは異なっていた、というか脆弱であった。水戸には、湊川神社に楠木正成公を祀った光圀公に代表されるように勤皇の志の流れがあり、「大日本史」編纂事業など学問の蓄積がある。”矛とりて 守れ宮人 九重の 御階(みはし)の桜 いま盛りなり”という孝明天皇様の御製にも呼応しているところがある。事件は桃の節句の日,季節外れの雪が降りしきっていた。万延元年(1860年)、今から約150年前のことである。ちなみに、井伊直弼の首級を獲った
薩摩の有村次左衛門(当時21才)は、参議院議員・有村治子氏(http://www.arimura.tv/)のご先祖にあたる。
    


  • Posted by 2011年09月11日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。