文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 文化 > 掛川・横須賀街道「ちっちゃな文化展」①(10月22日)

ブログ

文化

掛川・横須賀街道「ちっちゃな文化展」①(10月22日)
掛川・横須賀街道「ちっちゃな文化展」①(10月22日)

割烹旅館・八百甚正面

今年で13回目を迎える「~町並みと美の晴れ舞台~ちっちゃな文化展」を訪ねた。
当ホームページでも紹介
されているマクラメ作家・鈴木真弓さんと創作人形作家の瀬川冬子さんの展示を
まず見るためだった。今日は朝から曇空で、会場に着いた5時過ぎには
小雨模様だった。薄暗くなってほのかに灯る明かりが濡れた路面を照らす様はとても風情があった。夜の横須賀街道は初めて
だった。ここは掛川から南へ車で約30分、遠州灘が程近く、かつての横須賀城のあった城下町である。そして、さらに古い歴史を紐解くと、
聖武天皇がお生まれになったことを機に創られた三熊野神社が鎮座している町でもある。
街道は長さ500メートル位であろうか。昔ながらの民家が肩を寄せ合うように
街道沿いに並んでいる。この文化展はこの町並みを見てもらうことが最初の趣旨だったという。。
仕掛け人は、大須賀町の役場に勤めていた深谷孝氏である。
県の文化財団主催の「静岡の魅力フォトコンテスト」の審査委員長を務める
写真家の大竹省二氏はこの町の出である。余談になるが、歌手の金沢明子さんをモデルにした
写真集「さすらい花」の一部撮影がこの町の老舗割烹旅籠「八百甚」でおこなわれた。13年前の第一回目のときは、      
この「八百甚」の二階に昇る階段脇にその写真集が飾ってあり、ノスタルジックで艶かしい作品が印象的だった。そして、目目指す  マクラメ作家・鈴木真弓さんの展示はその「八百甚」の真向かいであった。    




  • Posted by 2011年10月22日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。