文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 観光 > 縄文柿(12月6日)

ブログ

観光

縄文柿(12月6日)
縄文柿(12月6日)

柿の季節が終わりかけ、蜜柑の売り場が幅をきかせ始めた。次郎柿で有名な浜松市北部の街道をちょっとそれたところで
まだ沢山の実を付けた柿の銘木群に出くわした。葉はすべて落ち、よく熟れた柿の色が青い空に映えている。太い幹と複雑に入り乱れる枝ぶりとが、まるで縄文の火焔形土器のように見えた。岡本太郎がこれを見たら、”柿も縄文だ!”と言うかも知れない。
縄文土器を連想させる柿園に出くわしたのも何かの思し召しだろう。古代からの呼びかけだろうか?初めて縄文土器や埴輪を見たのは、岡田茂吉翁が創設した箱根美術館(熱海のMOA美術館の姉妹館)だったが...。
   http://www.moaart.or.jp/hakone/index.html


  • Posted by 2010年12月06日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。