文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 絵画 > 「歴史を振返る肖像画展」(11月11日)

ブログ

絵画

「歴史を振返る肖像画展」(11月11日)
「歴史を振返る肖像画展」(11月11日)


今年5月から準備を進めてきた「日本と浜松を創った先人の肖像画展」(主催:全日本肖像美術協会、企画協力:インフォテイメント)の作品搬入と会場設営を実施。あいにくの雨模様であったが、作品80点を仮置き場所3箇所から移送し、設営図面に従って展示準備を進めた。旧浜北市の時に出来た文化複合施設”なゆた・浜北”の市民ギャラリーが会場で、広さ約350平方メートル、床は竹材のフローリングで、ちょうど良い展示環境である。この会場でお世話になるのは、今回で5回目である。①「模写絵画による泰西名画展」②「郷土ゆかりの技とこころ展」③「輝く静岡の先人パネル展」④「静岡の魅力フォトコンテスト展」、そして⑤今回の「肖像画展」である。こういった展覧会の折にはいつもお世話になっている書絵堂の五十嵐さんを中心に、全日本肖像美術協会会長の山田潔氏の立会いのもと、てきぱきと作業は進んだ。初日の明日はオープニングセレモニーがあるので、椅子を並べるなどその会場設営もしなければならなかった。途中4時頃に中日新聞の取材があった。夕刻6時頃に作業が終了。これまで個々に見てきたが、80点が一堂に並ぶ様は壮観であった。




  • Posted by 2011年11月11日 (金) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。