文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > 肖像画家・馬堀法眼喜孝(12月7日)

ブログ

全体 

肖像画家・馬堀法眼喜孝(12月7日)
肖像画家・馬堀法眼喜孝(12月7日)

先月開催された「先人の肖像画展」(会場:なゆた浜北市民ギャラリー、静岡県浜松市浜北区)の主催団体は「全日本肖像美術協会」で、
昭和25年に創設された。その初代総裁が馬堀法眼喜孝氏(明治40年/1907年-没年不詳)である。旧一万円札の聖徳太子、旧千円札の伊藤博文公、旧五百円札の岩倉具視などの肖像画の原作者である。全国の寺社仏閣にその作品が数多く収蔵されており、神戸の湊川神社の宝物殿にはご祭神の楠木正成公の肖像画(油絵20号)がある。下田の開国博物館で昨年見た「下岡蓮杖」の肖像画も氏の作品のようだ。




  • Posted by 2011年12月07日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。