文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 文化 > 徳川家康公の健康術(12月19日)

ブログ

文化

徳川家康公の健康術(12月19日)
徳川家康公の健康術(12月19日)

献立例 1)

戦国時代を終焉させ、のちの260年に亘る平和な社会、文化熟成の基礎を築かれた徳川家康公は75年の長寿を全うされた。静岡新聞社発行の”びぶれ浜松”(今年9月8日号)にその健康術が紹介されていた。~普段の食事は天下人とは思えないほど質素。山のものや海のものをバランスよくとりいれた料理を食べていたそうです。また、旬のものを大切にし、季節外れの食材を口にすることはありませんでした。~
献立例 1)麦飯(低カロリーで食物繊維が豊富)+とろろ汁(青のりかけ、固い麦飯の喉ごしを良くする)+イワシ丸干し(血流を良くするDHAやEPAが豊富)+つる菜のくるみ酢和え+きゅうり納豆(陣中食として重宝された浜名納豆を
使用)
 http://www.vivere.jp/special/special/post_14.php





  • Posted by 2011年12月19日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。