文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > 十二月八日(12月8日)

ブログ

音楽

十二月八日(12月8日)
十二月八日(12月8日)

新聞には一行の言及もなかったが、今日は「真珠湾攻撃」の日である。150年ほど前の国難(国ぶりの危機)は薩長連合勢力への政権移譲により免れたが、その手法としての近代化路線は軍備の増強路線でもあった。富国強兵は日本の文化防衛のために必要な方針であった。日本の文化とは、万世一系のご皇室を尊び、神(西洋のGodとは似て非なるもの)を敬い、先祖を崇め、そして国を愛する、という国ぶりを守るための戦いであった。結果として多大の犠牲を払い、今もなお本当の意味での独立を果たしていないが、また昨今の外交のていたらくを見ているとハラハラドキドキの連続であるが、そういう状況でも何かに好転の兆しを期待しなければいけない。 長渕剛の曲「JAPAN」や「親知らず」を聴いていて、まだ諦めてはいけないと思った。
  「JAPAN」より~ oh Japan! Where are you going?
                                  俺たちは まるで どす黒い油に
             まみれたペルシャ湾の水鳥たちみたいに
             息絶えだえ それでも 必死に 天高く飛び立とうとしてるのは  
             富の向こうに 何かを見つけたいから

  「親知らず」より~俺の祖国日本よ!どうかアメリカに溶けないでくれ!
             誰もが我が子を愛するように
             我が祖国 日本よ! ちかごろ ふざけすぎちゃいねえか!
             もっともっと自分を愛し 貫いてゆけ、
             銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ ほしいけどヨオ!
             何ぼ積んでも 何ぼ積んでも 譲れねえものがある

 2年くらい前だったろうか、この”国民歌手”が映画撮影用に造られた実物大の戦艦大和の甲板で「ヤマト」を歌っているの
 を聴いたことがある。




  • Posted by 2010年12月08日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。