文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 教育 > 「報徳ライフのすすめ」(1月14日)

ブログ

教育

「報徳ライフのすすめ」(1月14日)
「報徳ライフのすすめ」(1月14日)

さわやかで清潔感溢れる装丁

午前9時より「西遠連合報徳社」の常会に出席した。今日の講話は経営コンサルタントの金澤明望氏で、マラソン体験のことから始まった。
完走するためには、どんなにしんどくても歩いてはいけない。ジョギング程度の遅いスピードでもいいから走り続けることだというさわりが非常に印象に残った。このことはいろんなことに通じるように思った。正に継続は力なり、である。お話は多岐に亘ったが、75歳のご高齢とは
思えないほど若々しく明るい雰囲気がよかった。講話のあとは新年会に移り、同じ会場でお弁当を皆でいただいた。その席で大日本報徳社・榛村純一社長(元掛川市長)の近著「報徳ライフのすすめ」(清文社刊)が希望者に提供された。挙手をしてさっそくいただいた。副題は”二宮金次郎からTPP,東日本大震災まで”である。市長として”生涯学習都市宣言”をされた名物市長だけあって、論旨、理念が明快である。先月の講話で紹介された鈴木藤三郎(周智郡森町出身)のことにも一章が割かれている。読みやすく、為になる本である。




  • Posted by 2012年01月14日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。