文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 教育 > 「先人の肖像画展」始まる(5月26日)

ブログ

教育

「先人の肖像画展」始まる(5月26日)
「先人の肖像画展」始まる(5月26日)

挨拶をする山田季幸・全日肖副総裁

「日本と浜松を創った先人の肖像画展」の初日だった。主催:全日本肖像美術協会、企画協力、運営:インフォテイメントである。一般公開に先駆けて、午前9時より開会セレモニーを開催した。国歌斉唱のあと、冒頭に挨拶をされた山田季幸・全日肖副総裁は明治43年のお生まれで今年102歳である。実に力強いご発声で今回の展示会開催の意義を述べられた。今夏の展示会は、浜松市中区の”地域力向上助成事業”であり、所管の中区を代表して大場区長がご挨拶。来賓を代表して衆議院議員・城内実氏より祝辞を頂載した。城内代議士は日本有数のSPレコード収集家で、オーデイオ装置も真空管アンプを愛用されている。写真とは違う肖像画のもつあたたかさを、真空管アンプの音の
あたたかさに譬えたうまい表現をされた。続いて山内しほさんのフルート演奏である。浜松出身の作詞家・清水みのると映画の木下恵介監督にちなんだ曲を3曲づつメドレーで演奏してもらった。最後は「花」をテーマにした作品2曲で締めた。昭和12年の映画「愛国の花」の主題歌(国花・さくら)之演奏のあと、浜松の市花・みかんにちなみ「みかんの花咲く丘」は参加者全員で3番まで歌った。内覧会では、全日肖会長の山田潔氏が作品について説明し、また肖像画の常設場所設置への協力を訴えた。先人の肖像画の展示会は、絵画展ではあるが、教育事業でもある。約40年前から協会の会員にそれぞれの郷土の偉人を描いてもらい、それを協会に寄贈してもらったという。肖像画家としてどのような社会貢献が出来るかを考えた結果だという。確かに、それぞれの先人の前に立つと、その人格に接するようである。また、先人の生きた時代・社会に想いを馳せることもできる。歴史の勉強になる、会場に立ち、先人の肖像画群を眺めると、清められ、励ましを受けたような気がするのだ。良い方向に感化してくれるようなあたたかい気が流れてくるようだ。ちなみに、明日(5月27日)は旧海軍記念日で、日本海海戦勝利の日にちなんでいる。時の首相・桂太郎の肖像画が入口正面に飾られている。


  • Posted by 2012年05月26日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。