文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 絵画 > 聖徳記念絵画館(7月7日)

ブログ

絵画

聖徳記念絵画館(7月7日)
聖徳記念絵画館(7月7日)

聖徳記念絵画館外観(東京都新宿区霞ヶ丘町、明治神宮外苑内)

今年は明治天皇が崩御されてからちょうど100年目の節目の年である。明治天皇と昭憲皇后のご遺徳と明治維新の事績を表現した絵画
80点(日本画40点、洋画40点、縦3メートル・間口2.7メートル)が展示されている。大正15年10月に七年の年月をかけて建造されたこの絵画館は、戦災に遭わず奇跡的に当時のすがたのまま今も健在である。収蔵される絵画作品が整ったのは、昭和11年のことであった。それらがそのまま残っている。驚きである。東京大空襲(昭和20年3月10日)でも爆撃の対象にならなかったのだろう。”歴史の連続”を感じさせられた。王政復古の様子が大和絵で40点も描かれている。北野恒富、岡田三郎助、松岡映丘、山口蓬春、前田青邨、堂本印象、木村武山、鏑木清方など8名のお名前しか知らないものの、日本の伝統美の粋がこの絵画館に保存・展覧されているのは誠に素晴らしい。美術教育というよりも、絵画を素材とした歴史教育に資するところ大である。この絵画館のパンフレッットには”近代日本のあけぼの~壁画に見る幕末・明治の歴史”と謳われている。


  • Posted by 2012年07月07日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。