文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 二宮尊徳の報徳思想(12月11日)

ブログ

文化

二宮尊徳の報徳思想(12月11日)
二宮尊徳の報徳思想(12月11日)

掛川駅北口にある二宮金次郎像

西遠連合報徳社(中村雄次理事長)の12月常会に出席した。報徳訓の唱和のあと、大日本報徳社(掛川)の理事・加藤正智氏の講演があった。7年前から報徳のことを勉強し始め、今や報徳の関係の書籍を約150冊、二宮金次郎像(高さ20cm以下)を20体ほど収集しているという。税理士の仕事を引退後に研究しようと集めたというが、既に立派な研究者である。講演の項目は以下の通りである。
 1.日本の現況を憂う
  ・失われた20年 デフレ 失策 政治家と官僚の責任
 2.サッチャー元首相や土光敏夫に学ぶ
   3.歴史に学ぶ報徳との共通点
  ①上杉鷹山 ②石田梅岩 ③近江商人 ④豪商、財閥等の家訓の共通点
まとめとして、 
 ・老舗や継続企業は報徳経営(至誠、勤労、分度、推譲)、五常(仁・義・礼・智・信)
  を実践している。
   ・自己中心的社会 → 感謝、思いやりのある社会 人間力 報徳教育が必要
   ・報徳で、「ありがたい」「おかげさま」等を口癖に
☆報徳は日本再建に役立つ
ということで、若い次世代の方にも聞いていただきたい充実した内容であった。     また、掛川商工会議所報徳思想啓発推進委員会の中心メンバーとして、     ”掛川 報徳&金次郎クイズ”なるものを作り、市内の小学5,6年生を対象に配布、     応募を呼びかけている。昨日10日が締め切りであった。その設問のひとつに、”掛川駅前にある金次郎像は、どちらの手に本を持っているでしょう?” というのがある。この金次郎像は、明治天皇様が執務机の上に置かれていたもののレプリカである。元掛川市長の榛村純一氏が、市制?周年記念事業として苦心の末    設置したもので、掛川駅北口にある。     



  • Posted by 2010年12月11日 (土) | コメントコメント(1

この記事へのコメント

 報徳思想は措いといて…、二宮金次郎像はとても懐かしいです。。六年間通った小学校の正門の横にありました。最近では、近くのJAの敷地内にあるのに気がつきました。全国に多くの金次郎像があるんでしょううが、みな同じじゃないんですね?

Posted by いよかん | 2010年12月13日 17:27

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。