文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 「徳嵩トクタケ・キルトアート展」始まる(4月10日)

ブログ

文化

「徳嵩トクタケ・キルトアート展」始まる(4月10日)
ジャンルは布工芸から生まれた芸術的な布絵である。作家は、民芸運動の創始者・柳宗悦に私淑する徳嵩よし江である。会場は遠江國一宮・小国神社の一角にて、樹齢数百年の杉の木立を借景とする。徳嵩氏は、30才の頃よりキルト創作の世界に入った。独学である。素材の古布は、捨てられてゆく運命であったが、作品として保存され、新たな命を得たのである。布を縫う一針一針が目に見えない命を紡ぐ作業である。展示作品は20点。藍木綿によるキルトアート作品が林立する様は圧巻である。来場者の誰もが、入口で息を呑む。


  • Posted by 2013年04月10日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。