文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > 賀春(1月31日)

ブログ

全体 

賀春(1月31日)
賀春(1月31日)

大日山金剛院の境内近くで臨む”元旦富士”

今日は本暦の元旦にあたる。”初春”という表現にふさわしく、日差しにもなんとなく春めいたものが感じられ、小國神社での所用の後、境内から富士山が見えるという大日山金剛院を目指した。森町広報の表紙で紹介されていたのだった。4月に富士と桜をテーマにした日本画展(by栗原幸彦、at小國神社)を計画しており、元旦という寿ぎの日に森町から富士山を遥拝しその盛会を祈願したかったのである。三倉の集落から川根方面に山道をくねくねと約20Km走った。,途中の要所、要所で道を教えてくれる人がタイミング良く現れたのが不思議だった。金剛院は川根町との町境の山上の尾根に建っている。その境内から遠くにうっすらと霊峰富士の姿が見えたのであった。”晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は かわらざりけり”(山岡鉄舟) はるか80Kmのかなたにあってもその美しく神々しいお姿を拝むことが出来る。誠にありがたいことである。立派な山門を持つこの寺は行基菩薩(西暦668年-749年)の創建といわれる。富士山が見える位置に建てられたという、”富士山信仰”の現場に遭遇したのだ、という気持ちがこみ上げてきた。


  • Posted by 2014年01月31日 (金) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。