文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > 「第九」の季節(12月17日)

ブログ

音楽

「第九」の季節(12月17日)
「第九」の季節(12月17日)

宮澤賢治の手帳より

今日17日は楽聖ベートーヴェン(1770-1827)の生誕240周年の日にあたる。日本ではこの季節になると、各地で「第九」が演奏され、師走の風物詩になっている感がある。一年の締めくくりのとき、新しい年に向かって羽ばたこうという気持ちを盛り上げてくれるのだろう。この交響曲の最終楽章ではドイツの詩人フリードリッヒ・フォン・シラーの「歓喜に寄せて」という詩が歌われる。1989年のベルリンの壁崩壊後にこの曲がバーンシュタインの指揮で演奏された。シラーの詩の原題は「自由に寄せて」(An die Freiheit)であったが、このときまさにその詩にふさわしい場面で「自由に寄せて」と謳われたのである。何かの節目にあわせてこの曲が演奏されることのようだ。ベートーヴェンを深く尊敬していたリヒャルト・ヴァーグナーはドイツのバイロイト(バイエルン州)に専用のオペラ劇場を得たが(1876年)、その祝祭演奏会(Festspiel)の開催はいばらの道であった。第二次大戦後6年してやっと再会したが(1951年)、そのときに最初の演目として演奏されたのがベートーヴェンのこの「第九」であった。指揮はヴィルヘルム・フルトヴェングラー、バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団であった。ちなみに、宮澤賢治はレコード会社から感謝状を送られるほどSPレコードの収集家であったが、このベートーヴェンの「第九」ノレコードを持っていたかどうか...。



  • Posted by 2010年12月17日 (金) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。