文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 全体  > 久能山東照宮参拝(3月5日)

ブログ

全体 

久能山東照宮参拝(3月5日)
久能山東照宮参拝(3月5日)

社頭に奉納展示されている家康公のしかみ像(陶人形作家・追平陶吉作)

徳川家康公をご祭神とする久能山東照宮に参拝した。好天に恵まれ、新東名を使った浜松からの移動は快適だった。文字通り山の上にあるので、ふもとから拝殿まで1159段をゆっくりと昇る。いち・いち・ごくろうさん、という訳だ。石の鳥居は大正4年4月17日の建立で、家康公没後300年を記念して、と思われる。境内には寒桜や藪椿が見事に咲いている。拝殿ではちょうど結婚式がおこなわれていた。
大勢の人で賑わっている。外国人も散見される。拝殿と本殿は国宝に指定されている。黒の漆塗りが荘厳さを醸し出している。一番上にある家康公の霊廟で二礼二拍手一礼でお参りをする。駿河湾は日の光を受けてキラキラと輝いていた。


  • Posted by 2016年03月05日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。