文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 観光 > 古橋懐古館(12月18日)

ブログ

観光

古橋懐古館(12月18日)
古橋懐古館(12月18日)

以前松本市の「蔵シック館」でアート展を開催した折に立ち寄ったことがある。個人博物館で、愛知県北設楽郡稲武町にある。案内のパンフレットによると、この土地の素封家”古橋家6代目源六郎が文久3年(1863)江戸に上って平田篤胤の門
に入り、その折国学者・維新志士などの遺墨を買い求め”とある。木造二階建ての建物に部屋がいくつもあり、書画を中心にした展示となっている。
 ・維新志士の遺墨~西郷隆盛、坂本龍馬、高杉晋作 ・軍人の書~東郷平八郎
 ・国学者の遺墨  ~賀茂真渕、本居宣長
  ・儒学者の遺墨~中江藤樹ほか
 ・絵画~狩野探幽、土佐光起、渡辺崋山、など
ほかに陶器、漆器、民具なども多数所蔵しており、これらを年々入れ替えて特別展も行っている。
  電話:05358-2-2100  入場料:500円(中学生以下250円)
       詳細は:http://kaikokan.org/index.html

松本の蔵シック館の会場で知り合ったのが、安曇野で創作活動をしているシルク版画作家の福本吉秀氏と奥様の伊藤陽さんだった。
     http://www.infortainment.jp/artist_info/main.php?mode=detail&article=1(福本吉秀氏)

     http://www.infortainment.jp/artist_info/main.php?mode=detail&article=6(伊藤陽氏)
 




  • Posted by 2010年12月18日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。