文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > エストニアの心,版画家カルヨ・ポルの世界展(11月16日)

ブログ

エストニアの心,版画家カルヨ・ポルの世界展(11月16日)
エストニアの心,版画家カルヨ・ポルの世界展(11月16日)

昨年(ロシア帝国からの)独立100周年を迎え、その記念事業として開催され,本日初日を迎えた。会場は、遠江國一宮小國神社である。
メゾチントという17世紀中葉にオランダで発明された凹版の手法で制作された計43点の版画作品が展示された。”過去にさかのぼって起点にもどること、何千年も前の民族文化の始まりにたどり着くことが重要になりました。過去を通して現在と未来を理解することが重要だったのです。”という言葉をカルヨ・ポル氏は遺している。美術家の横尾忠則氏と同世代であるが、8年前に他界されている。


  • Posted by 2018年11月16日 (金) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。