文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文学 > 子規の句碑(3月31日)

ブログ

文学

子規の句碑(3月31日)
子規の句碑(3月31日)

浜松にある子規の句碑を2か所訪れる巡り合わせとなった。中区の天林寺と西区舞阪町にある弁天神社である。”馬通る 三方原や 時鳥”は天林寺の鐘楼のすぐ横にあり、子規自身の遺墨を基に彫ってある。句碑の背面を見ると、この句碑が建立されたのは昭和六年である。西暦で1931年。今年米寿を迎える勘定になる。句碑のすぐ後ろに染井吉野が太い幹でのさばっている。恐らく句碑を建立する際に苗を植えたのであろう。”訪ね来て 句碑も桜も 米寿かな” と、一句浮かんだ。いまひとつの句碑は、浜名湖畔の神社弁天神社の境内いある。子規の句はこうだ。”天の川 濵名の橋の 十文字”。明治28年(西暦1895年)、開通したばかりの東海道線の汽車に乗って
この辺りを通った時に詠んだ句らしい。ここ境内には、子規の句碑のすぐ隣が松島十湖の句碑で、”月や風や 夏しら波の 海と湖”とある。こちらは明治41年の作。


  • Posted by 2019年03月31日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。