文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 音楽 > Led Zeppelin(1月9日②)

ブログ

音楽

Led Zeppelin(1月9日②)
Led Zeppelin(1月9日②)

ベルリン上空を飛ぶZeppelin号、グループ名の由来?

今日1月9日は、イギリスのロックグループ Led Zeppelin(1968-1980)のベースギタリストジミー・ページの誕生日である。よく覚えているものだが、それはクラシックしか聞いていなかった私にZeppelinの音楽を紹介してくれた大学時代の親友も同じ誕生日だったからだ。ヤマハの駐在員としてドイツに赴任したのが昭和53年(1978年)、日本楽器入社後4年目の年だった。入社同期の高橋源樹も同じ頃ドイツに赴任しており、彼は大学時代にバンドもやっていた超ロック好きな奴だったので、1979年にロンドン郊外のネブワースパークで開催されたZeppelinの最後のコンサートを一緒に聴きにいった。Zeppelinの大ファンの家内と3人でハンブルクからロンドンまで飛んだ。前座が長く、Zeppelinが舞台に現れたのはあたりが暗くなりかけた夕方6時過ぎだった。会場は広い公園なので、舞台上に大型スクリーンが設けられていた。PAの音響も低音を中心に迫力充分だった。"Stairway to Heaven"や”カシミール”、”移民の歌”など、real timeでZeppelinの魅力を堪能出来たのである。ロバート・プラントのボーカルも高域の伸びと透明感が美しく素晴らしかった。ゆるぎの無い厚みのある音作りと、どことなく”さすらい人”の哀感を感じさせるところがZeppelinの魅力だろうか?ドラムとキーボードを伴奏として、ボーカルとベースギターとが共に”ハレ”を競っているのだ。
http://www.ledzeppelin.com/


  • Posted by 2011年01月09日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。