文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 精進料理(1月12日)

ブログ

文化

精進料理(1月12日)
精進料理(1月12日)

豊川稲荷の精進料理

一昨日豊川稲荷(愛知県豊川市)でご祈祷の待ち時間にお昼をいただいた。50畳位の細長い畳の部屋に、入り口から奥の方までお膳がザ~と並べてあり順番に席についていただくのであるが、振り返ってみれば精進料理をいただくのはほとんど初めてに近かったのであろうか、不思議な味わいというか全体の調和感というか、特別なものに遭遇したような印象をもった。ごはんもおかずも冷えてしまっていたが、赤だしのみそ汁は席に着くとすぐ係の方がお椀に注いでくれ、いわゆる”冷え膳”の印象はなかった。気合の感じられる料理というか...。香のもの以外のおかずは、ふきのとう、竹の子、湯葉、昆布巻き、野菜のてんぷらなどであったが、切れの良さというか、思想性がこもっているというか...。聞けばこのお寺の宗派は道元を開祖とする曹洞宗とのこと。道元禅師曰く、”六味清からず、三徳給わらざるは典座の衆に奉ずる所以に非ず”。六味とは、苦い、酸っぱい、甘い、辛い、塩辛い、淡いの六種のことをいい、三徳とは、軽くて柔らかい、きれいでさっぱりしている、法や理にかなっている、の三つをぃうとのこと。なるほど...。http://sansousei.com/syoujin.html



  • Posted by 2011年01月12日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。