文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 北ドイツの町ハンブルク(1月18日)

ブログ

北ドイツの町ハンブルク(1月18日)
北ドイツの町ハンブルク(1月18日)

凍った外アルスター湖(Aussenalster)

一昨日の夜雪の中を車で帰宅途中、ドイツ駐在のことが懐かしく思い出された。住んでいたのはハンブルクという天気の悪い町だった。冬には市内のアルスターという湖は凍り、家族と一緒に出掛けた。氷の上でハンブルク生まれの長男(1983~)を橇(そり)に乗せたり、グリューワインといって熱した赤ワインを楽しんだりした。スケートをする人、穴を開けて魚を釣る人もいて市民の冬の娯楽の場だった。このドイツで2番目に大きい町には、Kunsthalleという立派な美術館があり、そこでオットー・ルンゲやカスパー・ダヴィッド・フリードリッヒといったドイツ・ロマン派の画家の作品を知った。Staatsoperという国立歌劇場やMusikhalleというコンサートホールにもよく通った。寒く天気の悪い冬場を乗り切るための文化芸術催事は豊富だった。グスタフ・マーラーはここの歌劇場の音楽監督をしていて、交響曲第2番と3番をこの町にいるときに書いた。今は亡きカール・ベームが指揮するブルックナーの交響曲第7番を聴いたのはMusikhalleだった。


  • Posted by 2011年01月18日 (火) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。