文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 観光 > 常念岳(1月29日)

ブログ

観光

常念岳(1月29日)
常念岳(1月29日)

福本吉秀作「常念光耀」(シルク版画作品)

島崎藤村のふるさと馬籠に立ち寄ったのは、あれはもう10年ほども前のことだったろうか。浜松から設楽へ抜け、武田信玄終焉の地・三州街道を通って安曇野に行く途中だった。あの道筋はいわゆる名所旧跡に満ちていて、つい道草をしてしまった。明治以降の近代化の波を逃れたような風情がまだ色濃く残っている。シルクスクリーン作家・福本吉秀氏の安曇野SKY版画工房についたのはもう夕暮れ近くとなっていた。福本氏は安曇野の自然の中で日々を送り、その四季の表情と魅力を作品として表現している。山の風景作品が多いが、常念岳は氏がよく取り上げる山である。標高2857メートル、飛騨山脈に属し、日本百名山のひとつである。端的にいえば、安曇野のシンボルである。福本作品の紹介ページはこちら→
http://www.infortainment.jp/cart/main.php?mode=list&ModCat2=4




  • Posted by 2011年01月29日 (土) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。