文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 観光 > 薄墨の桜(3月3日)

ブログ

観光

薄墨の桜(3月3日)
薄墨の桜(3月3日)

「根尾谷の薄墨桜」の切手シート

河津桜がいま咲き誇っている。その濃い桃色は、花が葉に先行するという”艶消し”を見事に補っている。同じく葉が出る前に咲き誇る淡いピンク色の染井吉野ではこうはいかない。先月23日に三嶋大社で河津桜が咲きかけたのに出くわしたが、昨夕浜北の友人の庭では満開、絶頂を迎えていた。力強く、生きるたくましさと勢いを感じさせる。今日近くの郵便局で「根尾谷の薄墨桜」の切手を見つけた。ちょうど今、日本画家の鳥居禮画伯による「霊峰富士と桜展」を準備中というタイミングにぴったりなので早速シートを買った。写真ではなく、日本画家・伊藤嘉晃の作品が使用されている。太く逞しい幹が生命力のたくましさを伝えている。この世に名高く、日本の三大桜のひとつでもある「根尾谷の薄墨桜」は、蕾のときは淡いピンク色、満開のときは白、散り始めると淡い墨色と変容するらしい。第26代継体天皇の御手植えという伝承もあり、樹齢1500年余のエドヒガン桜の老木は大正9年(1922年)に天然記念物に指定された。しかし、戦後しばらくしてから衰弱し始め”余命3年”と診断された。その救済運動を展開したのが作家の宇野千代(明治30年/1897年~平成7年/1996年)である。昭和43年/1968年発行の雑誌「太陽」4月号に寄稿した「薄墨の桜」が発端になったという。宇野千代さん70才のときであった。


  • Posted by 2011年03月03日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。