文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 白隠正宗(3月7日)

ブログ

白隠正宗(3月7日)
白隠正宗(3月7日)

昨年9月に三嶋大社で鳥居禮展を開催した時から気になっていた酒がある。沼津市の西方の原にある白隠酒造の”白隠正宗”である。昨日韮山からの帰途、鳥居前の小早川酒店でやっと買うことが出来た。この銘柄は、原に生まれた臨済宗中興の祖・白隠禅師(貞享2年/1685-明和5年/1768)に因むものである。昨年の1月に静岡県主催の「輝く静岡の先人展」で白隠禅師が駿河の原に生まれたお方であることを知った。「駿河に過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」と謳われたほどの名僧である。その墨蹟を三嶋大社の宝物館で見たことがある。骨太で大らかな筆跡でお人柄が偲ばれるようであった。ちなみに、白隠という号は、「富士山は常に隠れて白し」という意味だそうである。(余談であるが、靖国神社に酒を献上している静岡の蔵は、原の白隠酒造と磐田の土井酒造である)


  • Posted by 2011年03月07日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。