文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS

トップページ > ブログ > 美術

ブログ

1/3ページ 全部で14件中 1-5件を表示
戦艦伊勢(6月24日)

上田毅八郎画「戦艦伊勢」 改装前の姿

「上田毅八郎・艦船画集」(平成14年コーエー社刊)の表紙を飾っているのは、戦艦大和ではなく、戦艦伊勢である。日本で最初に建造された戦艦であった、という理由ではないかと推測する。日本海海戦の旗艦であった戦艦三笠は英国に発注したものであったし、大正2年(1913年)に竣工した戦艦金剛が最後の外国製であった。伊勢という艦名は伊勢神宮に因んだものである。

海洋船舶画家・上田毅八郎氏逝く(6月23日)

上田毅八郎画「戦艦伊勢」 大正6年(1917)建造、昭和18年(1943)航空戦艦に改装。イラストは改装後のもの。全長約220m,速力約25ノット。戦艦大和の仕様に準じる。

今月18日に亡くなった由、その訃報には今日の昼過ぎに接したばかりである。氏には十数年前に私の企画で21世紀倶楽部(静岡新聞社主催)の月例会で講演をしていただいたことがある。ご自宅にも数度お邪魔したり、浜松市(アートボックス)や磐田市(アミューズ豊田)、藤枝市(郷土文学館)、そして静岡市(護国神社)での個展で作品を見させていただいた。氏の画才は、尋常小学校に通っていた頃からだろうか、少年雑誌に載った戦艦や飛行機の模写に勤しむことで芽生え、育まれた。家業が筆で描くことを生業とする塗装業であったということも良い環境であったろう。親の背を見て育つ。遠州に因めば、車大工を親に持った河合小市(発明小市と謳われ、河合楽器製作所を創業)や鈴木道雄(織機を改良、スズキを創業)もそうであった。昭和19年、大東亜戦争中最後に(高射砲員として)乗船した輸送船・金華丸が被撃沈、利き腕の右腕に重傷を負うという大試練に見舞われた。昭和17年3月に帝国陸軍のジャワ上陸作戦以来6回の被撃沈に遭遇したが、6回とも生還したという強運の持ち主であったが、戦後は左腕で画業に刻苦勉励、見事に困難を克服した。氏はタミヤのウオーターラインシリーズに数多くの戦艦の絵を提供、その精緻で躍動感あふれる筆致で人気を博した。亨年95歳。戦前の美しい日本のこころを持ち続け自ら人生訓を編み出されもした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

椿のこと(1月21日)

来月下旬に計画をしている「椿アート展」(会場:小國神社、静岡県周智郡森町)の準備で忙しい。というのも、ある一人の作家の個展ではなく多岐に亘るジャンルとその作家との渉外が必要でるからである。今日は草木染め作家の草笛由美子氏を訪ねた。花咲乃庄(磐田市壱貫地)という旧庄屋屋敷の2階で自ら主催というかたちで椿を主軸にした個展を開催中である。画材的にいうと油絵やアクリル、また岩絵の具でもなく、草木染めの液と胡粉を主体に作品を描く。杉板に貼られた和紙(天竜の阿多古和紙)に描く。今回の会場には、邪を祓う作用があるという白玉椿の作品を前面に打ち出しており、天保時代に建てられた和建築の畳敷きの部屋が清らかな空気に
満ちていた。小國神社の一角でどのような光を放ってくれるか楽しみである。

天才笑刻家・岩崎祐司(9月12日)

パロデイ木彫家・岩崎祐司さんが、健康飲料アクエリアスのホームページに”出演”しています。木彫作品の制作中のエネルギー消費量を測定する、という切り口です。岩崎さんのほかにも、種々のジャンルの造形作家が登場。 http://www.aquarius-sports.jp/zero/health/otona_kitakubu/08/01.html (もしくは、アクエリアス→プレゼント→おとな帰宅部 の順で検索、クリック)

1/3ページ 全部で14件中 1-5件を表示