文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 観光

ブログ

1/4ページ 全部で20件中 1-5件を表示
浜名湖サンセットクルージング(2月2日②)

カモメが群れ飛ぶ浜名湖

今日の夕刻、思い立って浜名湖のサンセットクルージングを体験してみた。浜名湖遊覧船㈱の小野会長のお勧めがあったからだ。午後4時45分にフラワーパーク港から乗船、約30分の船旅であったが、
ちょうど天気も良く、夕焼けがとてもきれいだった。途中カモメが沢山船の周りを群れ飛んでいた。湖といっても汽水湖のためだろう。浜名湖サービスエリアから乗船出来るようになればもっと大勢の人が浜名湖の船旅をエンジョイ出来るようになるだろう。ちょっとした禊ぎ気分を味わうことが出来た。

椿咲く(1月29日)

高林家の山門前に咲く藪椿

インフォテイメントの事務所から歩いて3,4分のところに、かつて民芸運動を支援した高林家の屋敷がある。最初の日本民芸館はこの高林家の敷地内にあったという。当時の当主の高林兵衛氏は時計の収集家としても名を馳せたお人である。民芸とは、民衆芸術をつづめたものであろうが、概念として発祥したのは英国であった。ウイリアム・モリスという人が、王侯貴族やブルジョアジーを後ろ盾とした
ファイン・アートに対して、あるいは抗して打ち立てたのが、folk art(民衆の芸術)だった。つまり、不用のものではなく、実際に機能する生活道具に美を認めたのである。文化活動における階級闘争が発端である。ものづくりの町・浜松にも文化の価値を認め、経済的に支援しようという人物がいたのである。今日は晴れて天気が良いので、昼食後の腹ごなしにその高林家まで歩いてみた。旧家だけに、庭の木々の大きさが半端ではない。格好の良い山門の前の木に紅い花が咲いていた。藪椿だった。もう今年も椿の花咲く季節になったのだ。旧正月もあと2週間を切った。三ケ日の椿原生林も今年こそは見逃さないようにしようと心に決めた。

船の旅(7月10日)

伊勢湾フェリーから見る神島

今朝7時半に浜松を車で出発、伊勢神宮に向かった。10時半頃外宮に到着。参拝後、内宮に向かう途中にある徴古館で
開催中の”遷宮諸祭画展”を見る。鳥居禮画伯の作品が6点展示されており、それを見るためだ。ほかにもお二人の作家が
出展されていたが、作品は小ぶり(40号)でも、鳥居作品は凛とした格調高さがあり、目に見えない神域のエッセンスをつぶさに表現している。徴古館を出て内宮に向かう。こうして外宮、内宮と続けて参拝するのは10年振り位だろうか。しかも今回はさるお方に同行させていただいた関係で思いがけず正式参拝であった。清められ、高められた。暑かったが、大勢の参拝の方々がいらした。参拝のあとはおかげ横丁で甘いものを楽しむ.。帰路は伊良湖に渡るフェリーを利用した。潮風が心地よい。途中、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった神島が見えてきた。

蓮の花(7月8日)

浜松市浜北区平口の不動寺近くに蓮根畑があり、この時期になると蓮の葉が茂りピンク色のきれいな花を咲かせる。葉に切れ目がないので、これは蓮である。それにしても、葉の緑色と花のピンク色とは絶妙な組み合わせである。お互いが引き立てあっている。清らかで瑞々しい。小さいころ、七夕の笹に付ける短冊の文字は、朝早く起きて蓮の葉に溜まった朝露を
皿に集めて墨を摺って書いたことを思い出す。蓮の花は花びらを開くときに、ポンという音を出す、というが本当だろうか?
黒澤監督の「姿三四郎」でそういうシーンがあるが、音は果たして聞こえたか?昨年は下田の玉泉寺できれいな蓮の花を
見つけたが、今年は地元のお寺の近くにある蓮池で愛でることになった。蓮はお寺、仏教と密接な関係があるようだ。

姫路城(7月3日)

世界遺産に登録されている姫路城の天守閣が目下修復工事中である。鉄骨の足場の一部にエレベーターが取り付けれれており、真近で見学が出来るようになっている。白鷺城と呼ばれるその麗しい概観は今はスッポリと布で覆われていて観ることが出来ない。前回の修復から50年振りとのことである。

1/4ページ 全部で20件中 1-5件を表示