文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 明恵上人と尊徳翁、仏道と故道(令和2年5月20日)

ブログ

文化

明恵上人と尊徳翁、仏道と故道(令和2年5月20日)
明恵上人と尊徳翁、仏道と故道(令和2年5月20日)

書棚の上に置きっぱなしの「華厳の思想」(鎌田茂雄著、講談社学術文庫)が気になったので手に取りパっと開いてみた。鎌倉時代の僧・明恵上人(承安3年・1173~寛喜4年・1232)のことが書いてある。父は豪族の平重国で、武士の血が流れている。後鳥羽院より華厳宗興隆のためとがの尾の地を賜り、高山寺を中心に活躍した。23才にして、俗化した仏僧界を逃れ紀伊の白上峯という景勝の地で座禅行法にうちこんだ。座禅は臨済宗の祖・栄西に学んだという。40才の時、念仏を唱えれば極楽に行けるという浄土思想を批判。学問よりも観法(実践)を修し、また華厳の観法と密教の行法とをアウフヘーベン(止揚)した。この観法は、二宮尊徳翁の 道歌『音もなく香もなく常に天地(あめつち)は書かざる経を繰り返しつつ』を想起させる。自分で見て自ら気づく、ということである。明恵の一生は、釈迦の仏教の生命に迫ろうとした求道の道であった。「高山寺明恵上人行状」には、『昼夜朝暮二只仏像二向テ在世ノ昔ヲ恋慕シ、聖教二対シテ説法ノ古ヲウラヤム』と記されている。つまり、朝から晩までただ仏像に向かってお釈迦様がおられた昔の世の中を恋い慕い、お釈迦様が実際に教えを説法された昔というものを強くうらやましいと思って、そして寝食を忘れて座禅・誦経・学問を勧められた、という意味であるが、ここでもまた、尊徳翁の道歌『故道に積る木の葉を掻き分けて天照神の足跡をみむ』との親和を感じた次第である。お二人の間には、700年の歳月の隔たりがあるのだが...。

  • POSTED at 2020年05月20日 (水)