文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 日露戦争(5月27日)

ブログ

歴史

日露戦争(5月27日)
日露戦争(5月27日)

進水する戦艦「三笠」

115年前の今日、我らが大日本帝国海軍はロシア帝国のバルチック艦隊を撃沈せしめ大勝利を収めた。快挙である。先の元旦には、乃木大将率いる陸軍は旅順港を陥落し、ロシアの戦艦が日本海へ出れないようにした。陸海相和しての連携プレーによりこの勝利を収めた。日英同盟(明治35年、1902)という側面支援も有難かった。海戦については司馬遼太郎の「坂の上の雲」がバルチック艦隊が遠路日本海まで航海する様子を細かく描写している。我国連合艦隊の旗艦は「三笠」で明治35年(1902)にイギリスのヴィッカース社で完成。右の写真は進水式のもので、日の丸がはためき、船首に菊の御紋が金色に輝いている。大日本帝国の戦艦にのみ菊の御紋があり、その大きさは靖国神社の入り口扉にあるものと同一である。完成した「三笠」を日本まで回航したのは秋山真之で、日本海海戦時の参謀を務めた。私の母校・松山東高校の前身である松山中学を卒業した郷土松山の先人である。日露戦争に勝利したことによって祖国日本は主権と領土を保持し得たのである。ちなみに、今日5月27日は戦前「海軍記念日」であった。そして、明けて明治39年(1906)、二宮尊徳翁の没後50年の年となり、大日本報徳社(掛川)では盛大な記念式典が開催された。尊徳翁の報徳仕法も対ロシア戦のための戦費調達に貢献したのである。

  • POSTED at 2020年05月27日 (水)