文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > パリ・オペラ座で美空ひばりを聴く(5月29日)

ブログ

音楽

パリ・オペラ座で美空ひばりを聴く(5月29日)
パリ・オペラ座で美空ひばりを聴く(5月29日)

パリ・オペラ座の大休憩室

8年間のドイツ駐在を終え帰国したのが昭和61年(1986)、それから3年後にパリに赴任した。ちょうど革命200周年の年だった。成田からパリまでの機中では(この年の6月に亡くなったばかりの)美空ひばりさんの歌をウオークマンで聴いていた。家族(妻と6歳の長男)を呼び寄せるまで3か月ほど独身生活で、16区のAvenue Mozartに下宿住まいをした。会社から支給されたプジョー車で通勤し、カーステで美空ひばりさんの歌を聴いていた。休みの日にオペラ座の中を見学した折にもウオークマンでひばりさんを聴いていた。大休憩所(右の写真,天井高18m,長さ154m,巾13m)に入った時、丁度「芸道一代」が鳴り始めた。絢爛豪華な雰囲気にぴったりだった。ここはパリ社交界の応接間と言われている。もう少し長生きされていればパリ公演も実現し、オペラ座で生のひばりさんを聴くことが出来たかもしれない。と、いろんな思いを巡らした。日本と西洋文化のインターバルを意識させるオペラ座見学だった。83年前の今日29日、ひばりさんは横浜に生まれた。42年前に49歳で他界した私の母五月子も同じ誕生日である。(昭和3年生まれ) 感情移入するほどにひばりさんの歌を聴いていたが、それは私の耳を通して亡き母がそうしていたのかも知れない、とふと思った。




  • POSTED at 2020年05月29日 (金)