文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 井伊直弼公(6月2日)

ブログ

歴史

井伊直弼公(6月2日)
自宅から車で10分。浜松市北区引佐町。大河ドラマで一躍全国に名を馳せた龍潭寺という禅寺がある。至近の田園の中に井伊家祖霊廟があり、その一角に幕末の大老、桜田門外の変(万延元年、1860)で斃れた井伊直弼公の歌碑がある。~わき出ずる岩井の水の底清み曇りなき世の影ぞ見えつつ~ 大老に就任する7年前に(1851)ご先祖の墓参に見えた時に詠まれた歌である。井伊家初代の共保公の霊、そしてその時代のことを偲んだものであろう。第13代彦根藩藩主・直弼公は文武両道の人であった。居合の名人であり、國學・和歌・禅・茶道・能など学問修業を遂げた。その生涯は、船橋聖一の原作を基に「花の生涯」という大河ドラマとして描かれた。東京オリンピックの前年(1963)で、尾上松緑が主人公を演じたのをうっすらと覚えている。享年45歳。ちなみに、墓所は世田谷区の豪徳寺にあり、安政の大獄で刑死となった吉田松陰の墓所から1キロも離れていないのが不思議である。

  • POSTED at 2020年06月02日 (火)