文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > 「湖畔の宿♪」(7月29日)

ブログ

音楽

「湖畔の宿♪」(7月29日)
「湖畔の宿♪」(7月29日)

戦地慰問中の高峰三枝子さん

大東亜会議の晩餐会の席で歌われたのが昭和15年に世に出た「湖畔の宿」である。歌う女優として人気を博していた高峰三枝子さん(1918-1990)が歌った。この曲は戦地慰問時に兵士からのリクエストが多かったという。特に特別攻撃隊の兵士は、日の丸の鉢巻きをきりりと締め拳を握りしめ直立不動の姿勢で聞き入っていたという。夜が明けると帰還のない出撃をする特攻隊員の心に高峰三枝子さんの澄んだ母性溢れる歌声がぴったりと寄り添ったのであろう。

(一) 山の淋しい湖に        

   ひとり来たのも悲しい心
   胸の痛みにたえかねて 
昨日の夢と炊き捨てる

   古い手紙のうすけむり

(二) 水にたそがれせまる頃 
    岸の林を静かに行けば
    雲は流れてむらさきの 
薄きすみれにほろほろと
   いつか涙の陽がおちる 
(台詞) あゝ あの山の姿も湖の水も
   静かに静かに黄昏れていく
   この静けさ この寂しさを抱きしめて
   私はひとり旅を行く
   誰も恨まず みな昨日の夢と諦めて
   幼児(おさなご)のような清らかな心を持ちたい  
そして そして

   静かにこの美しい自然を眺めていると
   ただほろほろと涙がこぼれてくる

 (三) ランプ引きよせふるさとへ 
書いてまた消す湖畔の便り
          旅の心のつれづれに 
          ひとり占うトランプの
          青い女王(クイーン)の 寂しさよ



  • POSTED at 2020年07月29日 (水)