文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 映画 > 映画「東京裁判」(9月6日)

ブログ

映画

映画「東京裁判」(9月6日)
いわゆる「東京裁判」は、戦勝国が敗戦国・日本を一方的に裁いた国際法違反の、いわば集団リンチであった。昭和21年5月から昭和23年11月までの2年半に及ぶ「裁判」の様子はGHQによってフィルム撮影されており、講談社創立70周年記念事業の一環として映画化された。4時間半に及ぶ長大な映画である。当初予定よりも完成が大幅に遅れ,作業開始から5年後の昭和58年(1983)6月の公開となった。小林正樹監督が大きな流れを構想し、編集の浦岡敬一氏がフィルムを繋いでいった。市ヶ谷の法廷の実写フィルムは50万フィートもあったという。
この映画が昨年から全国の劇場で上映されているという。

  • POSTED at 2020年09月06日 (日)