文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > 「千人の交響曲」初演(9月12日)

ブログ

音楽

「千人の交響曲」初演(9月12日)
「千人の交響曲」初演(9月12日)

ロダン作のマーラー頭像、1909年

丁度110年前の今日、グスタフ・マーラー(1860-1911)の「千人の交響曲」こと「交響曲第八番」が初演された。場所はドイツ バイエルン州の王都ミュンヘンであった。指揮は作曲者自身、合唱団が850名、ソロの歌手8名、オーケストラ171名 計1,030名という超大編成である。合唱団の中には児童合唱団250名も参加し、魂がとろけそうになるあの美しい天使のメロディーを歌った。四楽章構成ではなく、二部構成を採り、第一部では9世紀の修道士フラバヌス・マウルスによる讃歌「来たれ幸いなる聖霊よ!」、第二部ではゲーテの大作「ファウスト」の最終幕の場が音楽化された。この作品が完成した時に、マーラーは友人の指揮者メンゲルベルク宛てに「宇宙が鳴り響くのを想像してくれたまえ」と書いたというが、まさにそうだった。50年ほど前(昭和47年、1972)、大阪の中之島公会堂だったと思うが、朝比奈隆と大フィルによるこの曲のゲネプロ(Generalprobe,総練習)を聴く機会があった。会場の入り口に着いた時既に練習は始まっていて、第二部が洩れ聞こえてきた。まさに天上の音の調べであった。ミュンヘンの初演時での聴衆の感動と興奮の嵐は想像に難くない。1929年のノーベル文学賞受賞者で「ファウスト博士」を書いたトーマス・マン(1875-1955)も聴衆の一人だった。翌日の13日に再演された。翌年5月にマーラーは他界したため、この作品がマーラー自身によって初演された最後の作品となった。




  • POSTED at 2020年09月12日 (土)