文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文学 > 石原慎太郎著「天才」(9月16日)

ブログ

文学

石原慎太郎著「天才」(9月16日)
石原慎太郎著「天才」(9月16日)

もう4年8か月も前に出た本であるが、遅ればせながら昨日、今日で読了した。田中政権の金権体質批判の急先鋒だった石原氏が一人称で故田中角栄元首相の政治と人生を語るという手法で書かれており、稀なる天才政治家で国士・田中角栄氏へのオマージュでありレクイエムである。石原氏は「長い後書き」の中で、アメリカのメジャーに頼らない資源外交を展開したゆえにアメリカの逆鱗に触れ、ロッキード事件という策により葬られたのだ、と書いている。また、「私たちは田中角栄という未曽有の天才をアメリカという私たちの年来の支配者の策謀で失ってしまったのだった。歴史への回顧に、もしもという言葉は禁句だとしても、無慈悲に奪われてしまった田中角栄という天才の人生は、この国にとって実は掛け替えのないものだったということを改めて知ることは、決して意味のないことではありはしまい。」と重ねている。しみじみとした読後感の残る名著である。100万部のベストセラーとなったようである。




  • POSTED at 2020年09月16日 (水)