文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > 陛下のお稲刈り(令和2年9月16日)

ブログ

全体 

陛下のお稲刈り(令和2年9月16日)
陛下のお稲刈り(令和2年9月16日)

昨日、天皇陛下が皇居内の水田で稲刈りをされた。5月にご自身が田植えをされたもち米とうるち米計20株を手際よく刈り取られたということである。昨年の苗は上皇陛下がまかれたものであったが、今年は種まきから始められたのである。陛下は昨日宮内庁を通じ次のようなご感想とおことばを文書で公表された。~稲作への思いを深めることが出来ました。豪雨等による被害や新型コロナウイルス感染症の感染拡大により農業に従事されている皆さんのご苦労もいかばかりかと思います。各地で収穫が無事に行われることを願っております。~
「稲作への思い」 は、掛川で開催された紀元2600年祭における一木喜徳郎・大日本報徳社社長の訓示にも伺われるものと思われる。~原来我が報徳の教は天祖大神が豊蘆原を瑞穂国と開かせ給うた大道を則としたものでありまして、神武以来列聖が國を治め給うた皇道の精神を体したものであります。(昭和15年4月)~

  • POSTED at 2020年09月16日 (水)