文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 「森岡の家」のこと(令和2年9月23日)

ブログ

文化

「森岡の家」のこと(令和2年9月23日)
「森岡の家」のこと(令和2年9月23日)

旧平野邸「森岡の家」の黒松、撮影:H26.9.13 8:00 am

「森岡の家」とは、遠州の渋沢栄一と言われる実業家・平野又十郎(嘉永六年 1853~昭和三年 1928)が明治22年(1889)に建てた邸宅の呼称である。土地の字名に因んでいる。右の写真は、その屋敷に植えられた黒松の巨木群である。敷地約1300坪を擁するこの「森岡の家」が壊されるようだ、という具体的な話を知ったのは平成26年(2014)9月12日(金)、西遠連合報徳社の個人社員仲間のKN氏からだった。お昼を食べようと思って入った中沢のうどん屋で彼に出くわしたのがきっかけだった。この年の春から友人と二人で保存活動をしていたらしい。もっと大きな運動にした方が良いと考えて、翌日の報徳社の常会の席で社員の皆さんに「森岡の家」存亡の危機について説明したら?と提案した。右の写真は翌13日の早朝に撮り、その足で元城の浜松報徳館に向かった。彼ら二人は用意したパネルで手際よくことの次第を説明、報徳社理事長の中村雄次氏に保存運動のリーダーになっていただけることとなった。保存運動が個人レベルから組織レベルへと拡大していったのである。以下の文章は、「郷土愛について」と題されていて、ひくまの出版が大正十二年(1924)に刊行した『土のいろ』の巻頭言で、宇波耕策という人が書いている。保存運動のスピリッツなるものをここに感じた次第である。「事物を深く理解することがやがてその事物を愛する基礎となる。郷土を愛しようとするものは郷土というものを深く理解しなくてはならない。現代人に欠けているものは郷土に対する理解である。その精神生活が盆栽の樹のように委縮して伸びないのは、郷土に対する理解という根が小さく絶たれてしまひ、従って郷土愛から来る所の愉悦の滋味で以て精神を養ふことが出来なくなってをり、伝統の泉から湧く力と信念との眞清水を以って精神の渇を潤すことが出来なくなっているからである。この精神をしてゆたかな滋味とうるほひを十分に摂取せしめ、さうしてみづみづしく枝葉が繁茂しつつ、亭々として雲を衝くやうな大樹に成長させなくてはならない。


  • POSTED at 2020年09月23日 (水)