文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 森岡の家のこと②(9月23日)

ブログ

文化

森岡の家のこと②(9月23日)
森岡の家のこと②(9月23日)

「森岡の家」座敷での意見交換会、平成26年(2014)9月23日

6年前の9月13日、浜松報徳館(中村雄次館長)で「森岡の家」問題が公にされ、後の保存運動団体「森岡の家市民の会」の母体となった。その10日後に貴布祢の現地で見学会が催され、早速邸内の座敷で有志による意見交換会が持たれた。「伐採は大変な文化的損失だ」「旧浜北市は植木の街として知られ、緑を大切にする文化があったはず」など邸内の黒松やイチョウの巨木伐採案に厳しい意見が飛び交った。
「森岡の家」とは、遠州の渋沢栄一と呼ばれる平野又十郎(嘉永六年~昭和3年)が明治22年に建てた邸宅で、当時入手できる最高の部材が使われている。遠州一の腕前の大工の棟梁が建てた。そして、平野又十郎は二宮尊徳の報徳思想に基き「同心遠慮講」という貯蓄組合を作り、地域の経済と文化振興に尽力、近くの薬師堂と共に自分の屋敷をその活動の場とした。つまり、般若心経で云うところの「色」(目に見えるもの)としての①邸内の樹木郡 ②邸宅・建築物、そして「空」(目に見えないもの)としての③報徳活動を
通じての社会貢献、これら三つが「森岡の家」が擁する文化的価値なのである。のちに長男の繁太郎氏から旧浜北市に保存することを前提に1993年に寄贈された時、その土地の字名が「森岡」であったため、「森岡の家」と称されることとなった。

  • POSTED at 2020年09月23日 (水)