文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > 「森岡の家」のこと③(9月23日)

ブログ

文化

「森岡の家」のこと③(9月23日)
「森岡の家」のこと③(9月23日)

座敷小屋裏の棟札

右の写真は平野又十郎邸の上棟時の棟札である。紀元二千五百四拾七年 明治貮拾年四月五日 の日付と施主名(六代目 平野又十郎)、棟梁の名前(掛塚村 鈴木勇次郎)が書かれている。平野邸の調査報告書をまとめられた常葉大学の土屋準教授(当時)の撮影である。明治19年に焼失したため、建て替えられたのである。以下、報告書のエッセンスである。~ 遺構の中心となる「座敷」は、1889(明治22年)に竣工した近代和風建築である。「座敷」は観賞用の庭園と一体で、きわめてよい状態を保っており、明治期の接客空間を伝えている。主要構造部、室内の各所はもとより、外壁腰壁の板に至るまで、きわめて厳選された良質の材料を用いて、丁寧な施工がなされており、これが120年以上を経ても、当初材にほとんど損傷がないことにつながっていると見られる。.....銘木、唐木をを用いながら、上品に節度を保っている。欄間や付書院等の細部にも、職人の技が散りばめられている。.....以上から考えて「座敷」は、遠州地方における記録(上棟・竣工年、建設者、建設費)の確定できる優れた近代和風住宅の作例として重要である。.....旧平野家住宅は、これらの建造物群(座敷、長屋門、蔵、中門および板塀、裏門および塀)が一体で残っており、近代初頭に力をなしたこの地方の有力者の住宅の景観をよく伝え、貴重である。~ この調査は、浜北区選出の太田康隆市議の指示により市民部文化財課が建築史的、文化史的価値を明らかにするためおこなったものである。


  • POSTED at 2020年09月23日 (水)