文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > ベルリンの壁崩壊記念コンサート(12月17日)

ブログ

歴史

ベルリンの壁崩壊記念コンサート(12月17日)
ベルリンの壁崩壊記念コンサート(12月17日)

1989年8月にパリに赴任した。三ヵ月の単身生活を経て家族(妻と長男)を呼び寄せた頃、ベルリンの壁が崩壊した。その記念コンサートがバーンスタイン指揮の下、バイエルン放送交響楽団を核に世界から集まった演奏家による臨時結成のオケがベートーヴェンの「第九」をベルリンで演奏した。詩と音楽の融合として、ヴァーグナーの楽劇の創出にも影響を与えたエポックメーキングな作品である。その第四楽章にはシラーの詩「歓喜に寄せる讃歌」(Ode an die Freude)が採用されているが、その原題は実は「自由に寄せる讃歌」(Ode an die Freiheit)であった。これ以上に相応しい作品はあるまい。12月25日だった。行きつけのヴァージン・レコードというショップは巨大な旧銀行の建物を再利用しており、シャンゼリゼ通りにあった。上記の歴史的演奏を収録したCDのケースの一角にはベルリンの壁の小さな破片が入っていた。

  • POSTED at 2020年12月17日 (木)