文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > なかにし礼と12人の女優たち(12月26日)

ブログ

音楽

なかにし礼と12人の女優たち(12月26日)
なかにし礼と12人の女優たち(12月26日)

数か月前にTSUTAYAで借りたCDのタイトルである。なかにし礼作詞の曲をオリジナル歌手に替えて女優に歌わせるという企画で、なかなかの出来栄えである。本職の歌手ではないのに、玄人裸足とはこのことかと思うほどにそれぞれのいい味が出ている。それぞれの女優さんの頑張りもあるだろうが、やはりなかにし礼という《表現者》の演出力の成せる成果かと思う。それが動画で見れるということが分かり、これまた驚きである。女優という人種の凄さに目を見張ったのである。官能性が香り立っているのである。これもなかにし礼という、ある意味魔術師の手練手管が自然な形で女優さんたちの協力をえていて、熟成したコラボが現出しているのである。12人の女優とは、①常盤貴子 ②水谷八重子 ③南野陽子 ④平淑恵 ⑤浅丘ルリ子 ⑥桃井かおり ⑦泉ピン子 ⑧佐久間良子 ⑨高島礼子 ⑩草笛光子 ⑪大竹しのぶ ⑫黒柳徹子 の面々である。万葉集に収められている歌の数に近い4000曲もの作詞をするに至ったそもそものきっかけは石原裕次郎さんとの出会いであったという。このCDはなかにし礼の作詞家・作家生活50周年記念として企画された由。ちなみに、島倉千代子の持ち歌「愛のさざなみ」を浅丘ルリ子が歌っている:https://www.youtube.com/watch?v=_LWyGnGLliY

  • POSTED at 2020年12月26日 (土)